Web用語集 - Web Word -

ホームページ・ウェブサイト関連の用語集

A〜Z

CGM(消費者生成メディア、Consumer Generated Media)
CGMとは、インターネットを活用して消費者がコンテンツを生成していくメディアのことで、ブログ、SNS、クチコミサイト、BBSなどがCGMにあたる。
CMS(コンテンツマネージメントシステム、Content Management System)
CMSとは、テキストや画像などのデジタルコンテンツを統合的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称で、コンテンツ管理システムのことである。ウェブサイト、ポータルサイトの構築、管理に使用され、技術的な知識があまりなくてもウェブでの情報発信・管理が行える。
EC(電子商取引、Electronic Commerce、E-commerce)
ECとは、インターネットなどのネットワークを利用して、契約や決済などを行なう取引のこと。電子商取引は大きく3つに分けられ、企業同士の取引を「B to B」(Business to Business)、企業・消費者間の取引を「B to C」(Business to Consumer)、消費者同士の取引を「C to C」(Consumer to Consumer)と呼ぶ。
PPC広告(ペイ・パー・クリック広告、Pay Per Click広告)
PPC広告とは、一般的にクリック課金型広告と呼ばれ、クリック毎に課金されるタイプの広告である。PPC広告には主に、Googleのアドワーズ広告、Yahoo! JAPANなどのオーバーチュア広告がある。
RSS(Rich Site Summary)
RSSとは、ウェブサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマットで、主にサイトの更新情報を公開するのに使われる。
SEM(検索エンジンマーケティング、Search Engine Marketing)
SEMとは、検索エンジンから自らのホームページ・ウェブサイトへの訪問者を増やすマーケティング手法のこと。SEO、有料リスティング、有料登録、キーワード連動型広告などを含む、総合的な検索エンジンからの集客活動のことである。 検索エンジンからの訪問者を増やすマーケティング手法。手法の一つとして、検索エンジンで検索されたキーワードによって広告を表示させるキーワード広告がある。キーワードは各検索エンジン毎に入札制となっており、クリック単価並びに品質スコアの高いキーワードを持つサイトほど、上位に広告が表示される。
SEO(検索エンジン最適化、Search Engine Optimization)
SEOとは、検索エンジンの検索結果のページにおいて、自らのホームページ・ウェブサイトを表示順の上位に表示されるように工夫すること。検索結果で自分のサイトを上位に表示させるためのノウハウを施策すること。関連ページへ
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス、Social Networking Service)
SNSとは、人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のウェブサイトのことで、mixi(ミクシィ)やgree(グリー)が代表的。
Web2.0
Web2.0とは、「次世代のWeb」を漠然と総称する言葉であるが、キーワードとして、「集合知」「メタデータ」「ソーシャルブックマーク」「Ajax」がある。
WordPress(ワードプレス)
WordPressとは、オープンソースのブログシステムの1つで、プログラム言語にPHP、データベースにMYSQLを使用している。
cookie
サイトの運営側が、ユーザーの使うブラウザに一時的にデータを保管しておくことが出来る。cookieには有効期限がある。例えば、会員ページにログインする際に一度入力したIDやパスワードなどを記録し、次回ログイン時の入力を不要にするといったことが出来る。
Flash
旧マイクロメディアが開発した動画や動きのある画像などを扱うことが出来る技術。正式名称はAdobe Flash。Flashをブラウザで閲覧する場合にはAdobe Flash Player(無料でダウンロード可能)が必要となる。関連ページへ
FTP
File Transfer Protocolの略。ファイルを転送するための通信手段。HTMLファイルや画像ファイルをユーザーをサーバーの間でやりとりできる。
HTML
HyperText Markup Languageの略。サイトの文章の構造やレイアウトを記述するための言語のこと。
JavaScript
マイクロソフトが運営している検索エンジン。ウェブ、画像、ニュースなどの検索サービスを提供している。
LPO
Landing Page Optimizationの略。日本語では「ランディングページ最適化:と呼ばれている。訪問者が検索結果や広告などから最初にアクセスするページを最適化することで、目的のページへ誘導したり、直帰率を減らすことが出来る。これによりコンバージョン率を高めることを目的とする。
OS
Operating Systemの略。パソコンでワープロやゲームソフトウェアを動作させる基盤となるソフトウェア。WindowsやMacなどがある。
Yahoo! JAPAN
ヤフーが運営しているポータルサイト。自社開発のYahpp! Search Technology(YST)を使った検索、オークション、ショッピング、ニュースなど各種サービスを提供している。
Yahoo! カテゴリ
ヤフーのスタッフが、質の高いサイトを集めて登録しているサイトの索引情報。

ア行

アクセス解析
サイトに、いつ、どこから訪問者がアクセスしたのか、検索キーワードは何かといったデータを集積し、閲覧できるサービスやソフト。アクセス解析で得られるデータから、マーケティングなどに活かすことが出来る。
アドレス
URL(Uniform Resource Locator)を指す。サイトやページを識別するインターネット上の住所にあたる。アドレスはHTTPで始まることが多い。
アフィリエイト
インターネット広告の一つ。ASP(Affiliate Service Provider)と呼ばれる広告代理店を通して運営者サイトに広告主が指定した、バナー、テキスト広告などを掲載する。その広告を経由して訪問者が買い物したり、会員に登録すると、そのサイトの運営者にASPを通して報酬が支払われる仕組み。
入り口ページ
サイトの訪問者が、最初にアクセスしたページのこと。通常はトップページだが、検索エンジンの利用者が増えたことにより、トップページ以外のページを入り口としてアクセスする訪問者が増えている。
閲覧時間
訪問者がサイトの特定のページを表示していた時間。

カ行

外部リンク
外部のサイトへ向けて張られたリンクのこと。
カスタマイズ
サイトの担当者がソフトウェアの設定や設計を調整し、サイトを利用するユーザーの好みに合わせて画面やサービスを作り変えること。
画像検索
検索エンジンでキーワードを検索した結果として、キーワードと関連性のある画像を表示する検索サービス。
カテゴリー
サイト内の各頁を分類したり整理するための目次のこと。
完全一致
キーワード広告を表示させる検索キーワードを指定する手法。ほかに部分一致、フレーズ一致がある。完全一致でキーワードを指定すると、指定したキーワードと、訪問者が検索する際に入力したキーワードが完全に一致しなかった場合のみ検索結果に項目が表示される。
キーワード
検索エンジンで、ユーザーが入力する言葉。一つだけでなく、複数の言葉を入力することも出来る。
クリック単価
AdWordsなどのキーワード広告を1回クリックする毎に、広告の掲載を依頼している広告主が、サービスを提供している会社に支払うべき料金。例えば、1日の予算を600円、広告のクリック毎のクリック単価を12円と設定すれば、1日のうちに50回クリックされるまでは広告が表示される。
検索エンジン
入力されたキーワードと関連性のあるページを、インターネット上から見つけて表示するサービス。サービスを提供している主なサイトとしてはGoogle、Yahoo! JAPANなどがある。
更新
サイトの運営で新しく記事や情報を追加したり、デザインを変更したりすること。
コンテンツ
ニュースなどの記事や画像といった情報や、アニメ、音楽、ゲーム、動画、漫画などを指す。
コンバージョン
ショッピングサイトならば商品購入や資料請求、ポータルサイトであれば会員登録をするなど、サイトの訪問者が運営者の意図する目的に達することをコンバージョンと呼ぶ。コンバージョンを機に、訪問者は潜在顧客、国訳に変化する。コンバージョン(Conversion)とは日本語で「転換」の意味。
コンバージョンレート(Conversion Rate)
コンバージョンレートとは、ウェブサイトの訪問者数に対する、そのサイトで商品を購入したり会員登録を行なったりした人の割合のことで、ウェブサイトの投資対効果を計る上で重要な指標となる。

サ行

サイトマップ
サイトの構成が一目でわかるように作られたページ。
サブドメイン
ドメインをより小さな分類に識別するためのドメイン名のこと。「Http://www.example.co.jp」であれば一般的には「www」の部分にあたる。
参照サイト
訪問者があるリンクからアクセスしてきた場合、そのリンクを張った元サイトのことを指す。サイトAのリンクをクリックしてサイトBが表示された場合、サイトAがサイトBの参照サイトになる。
除外キーワード
キーワード広告において、広告を表示させないキーワードを指定すること。例えば「エプソン プリンタ」というキーワードを指定する際に、「中古」を除外キーワードとして指定する。すると「中古」を含むキーワードで検索した、中古品を探す人の検索結果にキーワード広告が表示されないように出来る。
スパムサイト
検索エンジンでの上位表示を目的に、過剰なリンクやキーワードの羅列などで構築された、訪問者に有用な情報を提供する意図がないサイト。
正規表現
法則性のある文字列を記号や式で表現する。たとえば「Google」を文章中のどこかに含む言葉は、「*google*」んどと表記する。*とは単語の前後に0個以上の言葉が含まれていることを示す。
セグメント
Google Analyticsにおいて特定のデータを更に詳細に分析するための機能。訪問者の地域や、新規訪問者とリピート訪問者の比較、キーワードや参照サイトなどを比較分析することが出来る。
セッション
サイトにアクセスし、ブラウザで表示している状態。訪問という場合もある。
相互リンク
サイト同士がお互いのサイトへリンクを張り合うこと。
ソーシャルブックマーク
お気に入りのページをオンラインに登録すると、他のユーザーも参照できるサービス。ブックマークだけにとどまらず、動画の情報なども共有できる機能がある。主なサービスに「はてなブックマーク」などがある。
ソーシャルメディア
ユーザーが参加してコメントや投票、レビューなどを行うことで、情報の量と質を高めていくメディアサービス。SNS(ソーシャルネットワークサービス)、ブログなどを総称してソーシャルメディアという。

タ行

直帰率
入り口ページだけを見てサイトを去るユーザーの割合。
ディレクトリ
ファイルを分類したり整理するための保管場所であり、ファイルやフォルダの位置を示す階層のことを指す。
デフォルトページ
サイトのURLを入力したとき、最初に表示されるページ。アドレスバーに「www.example.co.jp」と入力すると、デフォルトページの「www.example.co.jp/index.html」等のページが表示される。
トップページ
サイトの入り口の役割をするページで、index.htmlなどのアドレスで作られることが多い。トップページから各ページにアクセスできるように作られている。
ドメイン(ドメイン名、Domain)
インターネット上にあるコンピュータやネットワークにつけられる識別子のこと。インターネット上の住所のようなもの。数字の羅列であるIPアドレスは扱いにくいため、アルファベットと数字(と一部の記号)を使うことができるドメイン名を別名として運用するようになった。(.com .net .org .co.jp .jpなど)。たとえばURLが「http://www.example.co.jp/」であれば「example.co.jp」の部分を指す。関連ページへ

ナ行

ナビゲーション
サイトを案内するためのメニュー、カテゴリー別メニュー、各ページなどのリンクをページに設定すること。
ノーリファラー
他のサイトを経由せずに、直接訪問者がサイトにアクセスしたことを指す。具体的には「お気に入り」「メールマガジン」などがノーリファラーにあたる。リファラー(Referrer)は日本語で「参照」の意味。

ハ行

パラメータ
プログラムで、ある動作を行う際に与える情報。
品質スコア
Google Analyticsのキーワードに対する広告の品質(リンクが多い。クリックされる確率が高いなど)を評価した値。クリック単価が低くても、品質スコアが高いと上位に表示される仕組み。
部分一致
キーワード広告を表示させる検索キーワードを指定する手法。ほかに完全一致、フレーズ一致がある。部分一致でキーワードを設定すると、指定したキーワードがユーザーの実際の検索キーワード内で逆の順番で出現しても、あるいは指定したキーワード以外のキーワードが含まれていても、指定したキーワードがすべて含まれている限り広告が表示される。
フレーズ一致
キーワード広告を表示させる検索キーワードを指定する手法。ほかに完全一致、フレーズ一致がある。フレーズ一致でキーワードを指定すると、指定したキーワード以外のキーワードが含まれていても、指定したキーワードがすべて含まれており、その出現順序が同じである限り広告が表示される。
ブログ(Blog)
ウェブログ(Weblog)の略。ブログに記事を投稿すると日付順に整理され、訪問者が自由に感想などを書き込めるコメント、トラックバックという独自のリンク機能などを持つウェブサイトの総称。プロバイダなどが提供している無料のレンタルブログなどがあり、専門の知識がなくてもブログを開設し公開することが出来る。
ページビュー
ページがブラウザに表示された回数。
ホスティングサービス(Hosting Service)
ホスティングサービスとは、レンタルサーバ事業者が、インターネットに情報を発信するコンピュータ(サーバ)の容量の一部を間貸しするサービスのこと。
ホスト名
ネットワークにつながっているコンピュータに、英数字などで付けられたわかりやすい名前。

マ行

マイレポート
Google Analyticsのサマリー表示画面を、自分に必要な表やグラフだけを選択して、表示させる機能。
メールマガジン
サイト運営者が、あらかじめ登録されたユーザーにメールを利用して情報を定期的に配信すること。メルマガと略されることもある。

ヤ行

ユーザー定義
特定のページを訪問した場合や、特定のリンクをクリックした訪問者の動作を記録することにより、コンバージョンなどの訪問者の動向を追跡することが出来る機能。
ユニークユーザー
純粋な訪問者の人数。あるひとが期間内に2回訪問した場合でも1回と数える。

ラ行

リピーター
2回以上サイトを訪れる人のこと。
リファラー
参照サイトのこと。そのサイトに訪問するきっかけになったリンクを持つサイトのこと。
リンク
ページを紹介する位置情報を記述したHTMLテキスト。マウスでリンクをクリックするとHTMLタグ内に記述されたアドレスにアクセスする。
レベニューシェア(収入の分配、Revenue Share)
レベニューシェアとは、企業と制作会社の間での契約形態の一つ。ページ単価や人月単価で企業が制作会社にお金を支払うのではなく、サイトから得られる売上を企業と制作会社で山分けする。
ロボット
検索エンジンがページの情報を収集するために使っているプログラム。ロボットは自動的に各ページの情報を取得し、自動的にデータベース化する機能がある。リンクされているページを次々と辿るようにして、検索エンジンに必要なデータを収集する。
ロングテール
上位2割の商品が市場全体の8割の売上げに相当しているという従来の概念とは逆の法則。ロングテールは、売れないとされていた残りの8割の商品の少ない売上げをたくさん集めることで、全体の売上げを増やすという考え方。

ワ行

-
-

スタッフ関連の用語集

ディレクション関連スタッフ

■プロデューサー
制作チームの責任者。予算も含めて、Webサイトの制作プロジェクト全体をコントロールする。
■ディレクター
文字通りディレクションをする人。制作作業の進行と制作物のクオリティを管理する。
■営業担当者
クライアントへの窓口。
■制作アシスタント・進行管理者
重要な判断を必要とする部分を除き、進行状況を把握し、素材の受け渡しや情報の管理を行う。

プログラミング関連スタッフ

■プログラマー
文字通りプログラミングする人。サーバー側のCGIやJSPなどをプログラミングする場合と、ブラウザ側のJavaScriptやFlashのActionScriptなどをプログラミングする場合がある。
■テクニカルディレクター
多くのプログラマーが関わるプロジェクトでは、プログラミング作業全体をディレクションするテクニカルディレクターを置くことがある。

ビジュアル関連スタッフ

■Webデザイナー
ページ制作すべてをWebデザイナーが行うこともあるし、デザインフォーマットのみを作成し、ページ制作はオペレーターに任せる場合もある。
■アートディレクター
複数のデザイナーが関わるプロジェクトでは、Webサイト全体のビジュアル表現をディレクションするアートディレクターを置く場合がある。
■オペレーター
デザイナーが制作したデザインをもとに、個々のHTMLファイルの制作を行う。HTMLオーサーやコーディングスタッフなどと呼ばれることもある。
■イラストレーター
「デザイナー」=「イラストレーター」と考えられがちだが、たとえデザイナーがイラストを描けたとしても、イラストはデザイン以上に個性が表れるので、そのWebサイトにあったイラストが描けるとは限らない。
■カメラマン
カメラマンには、人物撮影が得意な人、物の撮影が得意な人、スタジオ撮影が得意な人、取材が得意な人など、それぞれ得意な分野がある。

コンテンツ制作関連スタッフ

■編集者
Webサイト制作全体のディレクションではなく、サイト内のコンテンツの制作を担当する編集者をおく場合がある。
■ライター
報道やノンフィクション系のライターもいれば、エッセイ的な文章を得意とするライターや、技術系のテクニカルな文章を得意とするライターもいる。内容や求めている文章の雰囲気によって、適した人に依頼する。
原稿をクライアントからもらう場合でも、リライトが必要なことが多い。量が少ない場合は編集者でもできるが、量が多い場合はライターにリライトを依頼することになる。
Webの場合、プロデューサーやディレクターが原稿作成を行っていることもあるが、コミュニケーションを主な業務とするプロデューサーやディレクターが原稿制作に関わると、プロジェクト全体の進行に影響するので、出来るだけ避けたい。
■翻訳家
外国語が出来れば、翻訳が出来るというわけではない。専門用語の多いサイトの場合は、単に英語が出来るというだけでは翻訳が困難なことも多い。翻訳した結果は日本語で表現するので、日本語の表現力も重要となる。

コンテンツ制作関連スタッフ

■プランナー
文字通りプランニングする人。クライアントのニーズに沿った企画をまとめ、企画提案書を作成する。
■ユーザービリティコンサルタント
Webサイトのユーザービリティを評価し、改善すべき点をレポートする。
■情報アーキテクト
Webサイトに載せたい情報を整理し、ユーザーが目的の情報に、簡単にアクセスできるWebサイトの構造を提案する。